トップページ > ココナッツオイルのパーキンソン病に対する効果

ココナッツオイルのパーキンソン病に対する効果

ココナッツオイルは様々な効果を発揮してくれる万能のオイルとして有名です。そんな中で、今とても重要視されているのが「アルツハイマー」に対する効果です。他にも、パーキンソン病の予防に対しても効果があると噂になっています。

 

そもそも何故、アルツハイマーが起こってしまうのでしょうか。その原因の1つとして挙げられるのが、脳のエネルギーとなっているブドウ糖が、スムーズに変換されなくなってしまうことです。そこで注目されているのが、ブドウ糖に代わる脳のエネルギーといわれるケトン体です。このケトン体の摂取が推奨されるようになりました。

 

そうなんです、ココナッツオイルはケトンに変換するという性質を持っているのです。そのため、脳へのエネルギーを効率よく届けることができるのです。そういったことが、アルツハイマーを予防する働きとなってくれているのです。パーキンソン病についてもはっきりとした原因はまだわかっていないようです。ただ、脳が関係しているということだけは分かってきています。そのいった意味からも、脳へエネルギーを効率よく補給することのできるココナッツオイルは、その予防におおいに役に立つというのはわかりますよね。

 

脳内でエネルギーとなってくれるケトン体を生成するためには、普通であれば炭水化物を摂取する必要があります。ブドウ糖をたくさん摂取してしまうと、ケトンは作ることができなくなってしまいます。ココナッツオイルはブドウ糖の摂取量を考える必要なく、ケトンにどんどん変換されていくので、食事制限をする必要がなくなります。

 サイトマップ
Copyright(c) 2017 敏感肌も大丈夫!乾燥肌の対策には内側から効くサプリがいい All Rights Reserved.