トップページ > 酵素で肌トラブルを改善

酵素で肌トラブルを改善

生理前や便秘の際にニキビができてしまうという女性は多いのですが、このニキビや肌荒れ、肌の老化といった症状は、腸内の老廃物が発生させている悪玉菌によって生じていることもあります。腸内に食べ物が残って老廃物となると、これを餌にして悪玉菌が増殖し、有毒ガスを作ってしまうようになります。これが腸から血液中に吸収されて体内を巡るようになります。

 

最終的に、有毒ガスは肌を老化させ、全身の健康を害するといわれる「活性酸素」を生み出すようになりますが、この活性酸素は細胞を攻撃してダメージを与えますので、それによって多くの老化症状が起こり、シミやシワ、肌荒れ、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまうのです。逆に言えば、腸内環境を整えてしまえばスキンケアにもなるということです。こういった悪玉菌の餌になる老廃物は消化不良によって生じますから、酵素を摂取することによって腸内環境を整えることが大切です。

 

人の体の中にある酵素の量には限りがあり、年を重ねるうちに酵素の分泌量は減少し、いつか不足するようになって消化不良が増えていきます。ですから、外部から積極的に酵素を取り込むことによって食物の消化呼吸をスムーズにし、腸内環境を整える必要があるのです。酵素の働きによって腸内環境が整うと、便秘が解消し、代謝もあがって肌のターンオーバーが整い、肌トラブルが改善するようになります。また、血行も良くなるので肌の色ツヤもよくなっていきます。内側から健康と美容を成すためには、酵素の働きが非常に大きいのです。

 サイトマップ
Copyright(c) 2017 敏感肌も大丈夫!乾燥肌の対策には内側から効くサプリがいい All Rights Reserved.