乾燥肌 サプリ

乾燥肌とアトピー性皮膚炎

 

乾燥肌とアトピー肌って同じことなのでしょうか。それとも違うものなのでしょうか。自分が乾燥肌かアトピー肌なのかよく分からないという人がたまにいます。乾燥肌もアトピー肌も、皮膚がかゆくなったりするのは共通していますし赤くなったりもします。カサカサしたりもしますね。症状が似ている部分が多いのですが、二つは違うものなのです。

 

大きな違いとしては、ブツブツが出来ているかどうかを見ます。細かいブツブツが出来ているなら、アトピー性皮膚炎と言えるでしょう。皮膚科での治療が必要になります。乾燥肌でも服の摩擦など少しの刺激でかゆみが出ます。ですから「これはアトピーだ」と思ってしまう人が多いようです。しかしブツブツがなければアトピーの可能性は低いでしょう。

 

また保湿をしてもかゆみが続くようですと、それもアトピーだと言えるでしょう。乾燥肌でしたら肌の潤いが戻ればかゆみが治まるのです。アトピーの場合はいくら潤いを与えても、肌の内側からかゆみが湧き上がってくる感じです。肌がかゆくて皮膚科に行く前に、まず保湿をしてみてください。

 

そして顔以外にも症状が出るかどうかでも判断出来ます。乾燥肌ですと顔のカサカサが気になることが多いですが、アトピーですと全身に症状が出るのです。皮膚科へ行けばきちんと診察してもらえるので安心ですよ。化粧品のパッチテストをしたことはありますか?その時に何か反応したりしませんでしたか?反応する人はアレルギー体質の場合が多いです。

 

 

乾燥肌と夏

 

肌の乾燥は冬だけのものだと思っていませんか?冬は肌がカサカサするので、スキンケアに力を入れる人は多いですよね。でも実は夏にも肌の乾燥はあるのです。夏は汗をかくので、いつも肌が湿っているから乾燥とは無縁と思われがちです。しかし油でテカテカしていても、水分が足りていない状態にあるかも知れないのです。

 

夏にはエアコンを使う人が多いですね。自宅で使っていなくても、お店やオフィスなどでは使われていることでしょう。エアコンによって部屋の空気は乾燥します。エアコンの吹き出し口から出る風にあたったりしますと、肌の水分が蒸発していってしまいます。扇風機の風も同様ですよ。

 

さらに紫外線が強い時期でもあります。紫外線が刺激となって、基底層では細胞がどんどん増殖していきます。すると不完全な細胞も出来たりします。それが肌の表面に上がってきた時にきちんと機能を発揮出来ないのです。そのため水分を保持する能力が低くなり乾燥肌となります。そして皮脂の取り過ぎもしやすいのが夏です。汗をかくのでタオルなどでぬぐいますよね。その度に必要な皮脂まで取りのぞかれてしまうのです。

 

以上のように、心構えが出来ている冬よりも一層乾燥に気をつけたいのが夏なのです。お肌のダメージを考えながら、スキンケアをしっかりしてあげましょう。そしてUVケアもしっかりしておきましょう。化粧水を浸透させたい時には、手を使わずにコットンを使うと良いですよ。

 

乾燥肌と水だけ洗顔

 

冬は乾燥の季節ですね。お肌がカサカサしてきてお顔の状態も気になります。顔の乾燥が気になる時、洗顔はしない方がいいでしょうか。洗顔をすると肌が突っ張る感じがしますよね。余計に乾燥が進んでしまいそうな気がします。

 

そこでリサーチしてみました。その結果乾燥していると感じている人は、洗顔の時に水だけで洗っている場合が多いようです。理由としては洗顔料を使うと必要な皮脂まで落としてしまうから。水で流すだけでも汚れは落ちると思うからということです。

 

洗顔をする目的は汚れを落とすことです。乾燥肌の人は皮脂が少ないです。ですから洗顔料によって汚れと一緒に皮脂まで落としてしまってはまずいのです。そういうことで朝の洗顔は水で済ませるか洗顔をしないという人が多いようです。

 

季節の変わり目などには、乾燥し過ぎて口の周りに粉がふいた状態になることってありませんか?そんな時、朝の洗顔を水でするというのを実践してみました。するといつもよりも口の周りの乾燥が少ないという結果になりました。私にはこの方法が合っていたようです。

 

鼻の部分が油っぽいと思ったら、その部分だけに洗顔料を使うという方法も良さそうです。化粧水を付けたコットンでふき取るという方法も良さそうですし、自分に合った方法を試してみると良さそうです。どうしても水だけは嫌だという場合には、赤ちゃん用のベビーソープは刺激が少ないのでおすすめですよ。

 

乾燥肌と入浴方法

 

肌が乾燥していると、カサカサしてなんだかかゆくなってきたりしますよね。冬は特に乾燥が進み、暖房器具などで部屋の中の空気も乾燥しています。なんとか肌を潤そうとしてスキンケアに力を入れる人が多い季節です。そんな乾燥肌にお風呂が良いそうですよ。今回は乾燥肌とお風呂についてお話をしていきます。乾燥肌の人がお風呂に入る時に気を付けるポイントを挙げてみます。

 

・お湯の温度は38〜40℃
・10分以上お湯につからない。
・入浴剤に化学物質が多いものは避ける。硫黄成分も避ける。
・シャワーの水量は弱めにする。
・優しく洗う。

 

お湯の温度やお湯に入る時間はとても大切です。肌の角質層の水分をこれ以上減らさないようにしなくてはなりません。熱いお湯に入ると肌の保湿成分がお湯に溶けていってしまいます。また長時間の入浴で肌がふやけてしまうと、それもまた乾燥を招くのです。角質を傷める原因にもなるので、長時間熱いお湯に入ることは避けましょう

 

入浴剤にも注意が必要です。硫黄や化学物質が入っているものは、お肌を傷めますので避けましょう。乾燥肌ではバリア機能が低くなっています。そんな状態の時に刺激のあるものはなるべく避けなくてはなりません。入浴剤としておすすめなのは、グリセリンです。保湿成分として働いてくれますし、値段が安くて入手しやすいです。そして体を洗う時にゴシゴシこするのもやめましょう。ナイロンタオルはNGです。綿のタオルがおすすめです。手で洗うのも良いでしょう。

 

乾燥肌のタイプ

 

冬など乾燥している季節になると、お肌が乾燥してきますよね。顔だけだけでなく、頭皮まで乾燥してフケが出てきたりしませんか。肌の乾燥には4つのタイプがあります。それぞれに対策がありますので、今回はそれについてお話をしていきます。

 

乾燥肌の4タイプとは、アトピー性皮膚炎、老人性乾燥肌、脂性乾燥肌、一般的な乾燥肌です。一般的な乾燥肌というのは、日ごろ多くの人が経験しているものを指します。肌の水分が足りなくなることで、お肌がカサつく状態になることです。原因にはいろいろありますが、代表的なものとしては睡眠不足やストレス、年齢によるものでしょう。洗顔のし過ぎということも考えられます。それでは、それぞれのタイプについて説明をしていきます。

 

●一般的な乾燥肌
洗顔後につっぱったり、粉が出てきたりする状態になります。お肌がカサカサしている状態をドライスキンとも呼びます。カサカサすると、肌のバリア機能が衰えてしまい角質の水分が足りなくなります。エアコンやストーブを使うと乾燥しますので、加湿を心がけましょう。濡れたタオルをかけておくだけでも加湿出来ますよ。

 

●アトピー性皮膚炎の乾燥肌
アレルゲンに反応したり、元々の体質であったりすることが原因です。皮膚に炎症が起こりかゆみを伴います。寝ている間など無意識にかいてしまいます。皮膚科に行って治療を行ってください。

 

●脂性乾燥肌
乾燥と油っぽい部分がいり混ざっている状態です。洗顔のし過ぎによって、かえって油っぽくなっているのかも知れません。

 

●老人性乾燥肌
加齢による皮脂不足が原因です。入浴時間を長くしないようにしましょう。

 

乾燥肌に適したクレンジングってどうやるの?

 

肌がカサカサして乾燥しやすいという人は、洗顔やクレンジングをする際に、必要以上の皮脂まで流してしまって、乾燥肌が悪化してしまうということがとても多いです。ですので、使用する洗顔料やクレンジング剤選びも慎重にしていかなくてはなりません。

 

はじめにクレンジング剤はオイルタイプではなく、保湿成分が配合されているメイク落としを使うようにした方がいいでしょう。オイルタイプの場合、皮脂まで取り除いてしまいます。この他にも、W洗顔不要のメイク落としもおすすめです。

 

そのまま洗顔もすることが出来るタイプのものであれば、適度に皮脂を取り除くことが出来るようにしていきやすいですので、乾燥肌に適しているのです。メイク落としにヒアルロン酸が配合されているものがおすすめです。ヒアルロン酸が配合されていれば、メイクを落とした後の保湿もしやすくすることができます。

 

クレンジングをする場合、特に冬は注意をしつつ行いましょう。メイクは濃い場所はリムーバーを使うようにして、ベースメイクはクリームタイプなどのように洗浄力がそこまでない物を使って落とすように意識してみてください。このように使い分けることによって、保湿成分や皮脂を過剰に失ってしまうということを避けることが可能になります。

 

そして、洗顔をするときにも洗浄力が強力すぎると肌が乾燥しやすくなりますから、洗浄力が弱い洗顔料を使うこと、洗顔後は乳液などを使って保湿をしていくことも大切です。

 

この他にも乾燥肌に効くサプリならこちら

 

運動すると美肌になる

 

運動をすると美肌になると言われていますが、これはどうしてでしょうか。運動をすると、体の様々な機能が活性化するようになりますから、それによって肌にも良い影響が出るようになります。

 

たとえば血行促進作用。体の筋肉が動くことによって、筋肉がもたらす血液のポンプ作用がしっかり働くようになります。それによって血液の循環がスムーズになって、多くの老廃物の排出が進むようになります。

 

また、水分の循環を促すことによって老廃物を排出し、また肌表面に適度なうるおいを与えるようになります。毛穴の機能が高まるようになって皮脂の分泌量も整うようになり、乾燥対策としても有効です。

 

そして運動をすることによって肌の新陳代謝が活発になり、ターンオーバーが進むようになります。そのため、古い角質ははがれて新しい肌が表面に上がってくるようになりますから、肌がきれいに見えるようになります。

 

さらに、運動によってストレスなども解消され、自律神経の働きが正常化されていきます。ホルモンバランスの調整にもプラスに作用して、美肌効果が生まれるようになります。もちろん、みるみる白くなるというようなことはありませんが、肌の調子がよくなったと実感できることでしょう。

 

こういった様々な効果があり、美肌 サプリでなくても肌のトーンが上がって美白ができたり、肌のハリが良くなったという人も多いのです。普段はあまり運動をしないという人も、少しずつで良いので運動を始めてみてくださいね。

更新履歴RSS

 サイトマップ
Copyright(c) 2017 敏感肌も大丈夫!乾燥肌の対策には内側から効くサプリがいい All Rights Reserved.